▼SR400(F.I.) 参考出品
・1978年3月の発売以来、30年に渡って支持されているロングセラーモデル。
・変らぬシンプルなデザインと鼓動感ある空冷単気筒エンジンが特徴。
・エンジンにF.I(. フューエルインジェクション)を搭載し、国内新排ガス規制に対応。優れた環境性能を達成しながら、軽量・ス リム・コンパクトという伝統的な設計思想とSRらしい鼓動感やスタイリングを継承。
・レトロモダンなメーターパネルや新作サイドカバー&エンブレムなどを採用し、さらなる質感の向上を図っている。 sr_20091021_094632_032sr_20091021_134902_201 sr_20091021_094731_035sr_20091021_165943_374

 

▼EC-03 参考出品
・「ライト・スマート・クリーン&サイレント」をコンセプトとする100%電気エネルギーで走るエレクトリック・コミュータ ー。
・薄型電動パワーユニットとリチウムイオンバッテリーを軽量アルミフレームに搭載したモデル。 ・ヤマハ電子制御技術により、発進・加速・走行中も乗り手の意のまま、滑らかに操る事が可能。
・充電器不用のプラグイン方式とし、家庭用100V電源でどこでも充電が出来る。 ec03_20091021_151036_27720091021_150949_27320091021_150955_27420091021_151022_276

 

▼EC-f 参考出品
・電動パワーユニット採用によりデザイン上の自由度が高まり、乗物の既成概念にとらわれない斬新なスタイリングを採用したエレクトリック・コミューター。
・「EC-f (イーシーエフ)」は、“Fun、Fashion”をイメージしたデザインとカラーリングを採用している。 ecf_20091021_095212_046ecf_20091021_095202_045

 

▼EC-fs 参考出品
・電動パワーユニット採用によりデザイン上の自由度が高まり、乗物の既成概念にとらわれない斬新なスタイリングを採用したエレクトリック・コミューター。
・「EC-fs(イーシーエフエス)」はスポーティ、スタイリッシュさをイメージしたデザインとカラーリングを採用している。
ecfs_20091021_095155_044

 

▼Super Tenere オブジェ 参考出品
・欧州市場に於けるロングツーリングを想定した高性能オンオフ大型モデルの、開発中のエンジン部品及び搭載技術パーツで構成したアートオブジェ。
obj_20091021_094431_024obj_20091021_094448_026obj_20091021_150759_266obj_20091021_165446_370obj_20091021_165459_371obj_20091021_150742_265

 

▼VMAX 市販車
・ヤマハモーターサイクルの旗艦モデル。
・1985年に初代モデルが誕生して以来、約四半世紀振りに産まれ変った2009年モデル。
・大排気量1,679ccエンジンやアルミフレーム、独自の電子制御技術などにより、パワフルでありながら快適な走行性を実現。
・優れた加速感や上質で斬新なスタイリングが特徴。
vmax_20091021_094936_043vmax_20091021_164945_359

 

▼YZF-R1 市販車
・高いコーナリング性能と美しいスタイリングを両立した、6代目1,000ccスーパースポーツモデル。
・二輪ロードレース世界最高峰クラスmotoGPで活躍するマシンマシン「YZR-M1」同様の“クロスプレーン型クランクシャフト”を備えた新エンジンにより、全く新しい走行感覚を実現している。
r1_20091021_094245_019r1_20091021_165314_366

 

▼TMAX 10th Anniversary WHITEMAX 市販車
・コミューターの利便性、快適性にモーターサイクル感覚の“ファンライド”を調和させ、“オートマチック・スーパースポーツ”という独自のジャンルを築いた、欧州・日本での人気モデル。
・発売10周年記念として、上質なホワイトカラーとカーボン柄を採用したスペシャルモデル。
・切削ホイール、2トーン専用シート、外観パーツのメッキ塗装+カーボン調仕上げが特徴。
tmax_20091021_094832_038tmax_20091021_094843_039tmax_20091021_094819_037

 

▼YZ450F 市販車
・オフロード競技用車(2010年モデル)。
・ヤマハモトクロッサーとして初めてF.I(. フューエルインジェクション)を搭載。
・前方吸気・後方排気という革新的なレイアウトを採用した新設計後傾エンジンと新アルミフレームにより、特にコーナリング性能を向上。
・スタイリングにはシャープなデザインを採用している。
yzf_20091021_094549_030

 

▼XVS950A 参考出品
・長時間、長距離をゆったり巡航するに適したクルーザーモデル。(主仕向地:米国)
・高い所有感、走る楽しさを演出する洗練された機能パーツを装備。
・車体の中心部に位置する空冷V型2気筒エンジン(空冷1900cc  OHV)は、冷却用フィンに奥行き感ある表情を持たせてエンジンの爆発する様を視覚的に表現し、このモデルの造形美や力強さを表現している。
xv_20091021_094741_036xv_20091021_170005_376

 

▼YZR-M1 参考出品
・2008年motoGPで、ライダー、チーム、マニュファクチャーの年間タイトル3冠を獲得したレース専用マシンの2009年モデル。
・呼称の“M”は、技術開発を市販車にフィードバックする使命(Mission)と、MotoGPでチャンピオンを獲得する使命(Mission)を示す。
・クロスプレーン型クランクシャフト採用の、水冷・4ストローク・DOHC・並列4気筒・4バルブエンジン技術は、2009年市販モデルである「YZF-R1」にフィードバックしている。
m1_20091021_094319_022m1_20091021_094300_020m1_20091021_165422_369

 

▼HV-X 参考出品
・ヤマハ ハイブリッド研究開発車(カットモデル)
hvx_20091021_165224_364

 

▼その他
20091021_135120_20220091021_150611_26420091021_150916_27120091021_150927_27220091021_151113_27920091021_165052_36020091021_165156_36220091021_165247_36520091021_175409_473