Teluru Team JiR Webikeと長島哲太選手が、非常に重要な経験を積んだシーズン第一歩となった。

Teluru Team JiR Webikeの若手ライダー、長島哲太が2014年シーズン最初のレースを終え、大きな一歩を印した。若干21歳の長島は20周からなるMoto2ならではの混戦レースを楽しみながらも、予選より0.7秒早いベストタイムでレースを終えた。

Gianluca Montiron(ジャンルカ モンティロン):チーム代表
「今回のレースは我々にとって初めてのレースとなる中、直前の走行で転倒を喫していただけに、無事完走できたことがまずは前進だと捉えている。予選よりも0.7秒タイムを削れた事は良い点として挙げられ、レース中の彼のリズムも決して悪くなく、これからレースを重ねていくにあたり課題が見えてきた。また、哲太はライディングスタイルを調整しているのが見受けられる。ポイントを取る事ができるであろうシーズン中盤が非常に待ち遠しいが、まずは今回のレース結果については満足している。」

長島哲太:ライダー
ベストラップ: 2分03.333秒
「正直言うと、もっと良い走りができたはずなので結果には満足していません。スタートが良かっただけに、コーナーで不運にも別の1台とランオフエリアに出され順位を落としてしまったのが悔しい。収穫になったのは、他のライダーのラインやラインディングスタイルが見れたことと、予選よりもいいベストラップが出せたことです。バイクとタイヤに併せてライディングスタイルを変更していかなくてはいけないという課題は残っていますが、今回のレースの結果は前向きに捉えています。次のテキサスでのレースに向けて改善をし、より良い結果が出せるように取り組んでいきます。」

Teluru Team JiR Webike オフィシャルWEBサイト
長島哲太選手のブログ
MotoGPオフィシャルWEBサイト