■大会名:2015 もてぎロードレース選手権 第2戦
■カテゴリ:ST600、ST250T
■開催日:4月18日(土)、19日(日)
■開催場所:ツインリンクもてぎ

 
2015年4月18・19日、ツインリンクもてぎでロードレース選手権 第2戦が開催されました。Webikeチームノリックヤマハからは、岡本裕生選手がST600クラスに、中原美海選手がST250Tクラスに出場しました。

岡本裕生選手は、予選では昨年上和田拓海選手が持つコースレコードを上回るタイムでクラス1位(インターナショナルクラス混走。総合3位)と、前戦での優勝から好調さを維持し、連続優勝の期待が高まります。しかし、決勝ではレース開始直前に雨が降り始め、サイティングラップでまさかのスリップダウン。マシンを破損してしまいます。

レースは雨により遅れての開始となったため、わずかな時間でチームはマシンを修復。出走の準備ができたのは、決勝再開わずか2分前!難しいコンディションで開始したレースですが、岡本選手は転倒の影響を感じさせない走りで、2位の中本選手を相手に渡り合いますが、惜しくも総合3位、クラス2位でフィニッシュとなりました。

中原美海選手は上位クラスと混走の中、予選を参戦クラス内トップでフィニッシュ。決勝でも4台抜きをするなど良いスタートを切り、前回のレースタイムを大きく更新する走りで見事ST250Tクラス1位を獲得しました。…続きはこちら