「ダカールラリー2014」がスタート KTMはNEWチーム&NEWマシンで 13 連覇を目指します

南米大陸で6度目の開催となる「ダカールラリー2014」は2014年1月5日にアルゼンチン/ロザリオをスタートしました。そこにKTMは、ファクトリーチーム/Red Bull KTM Factory Rallyチームと4名のファクトリーライダーを投入。 ファクトリーライダーを投入。2001年から続く13連覇(2008年はレースキャンセル)を目指したチャレンジをスタートさせました。

■Red Bull KTMファクトリーチーム

#2 / Marc Coma(マルク=コマ)
#4 / Jordi Viladoms(ジョルディ=ビラドム)
#5 / Francisco ‘Chaleco’ Lopez(フランシスコ“チャレコ”ロペス)
#8 / Ruben Faria(ルーベン=ファリア)

■ファクトリーマシン/KTM 450 RALLY 2014

エンジン: 水冷4ストロークSOHC単気筒449.3cc
ボア x ストローク: 95×63.4mm
変速機: 6 速
燃料供給形式: Keihin製EFI φ44mm
クラッチ: 湿式多板
フレーム: クロームモリブデン鋼トレリスフレーム
フロントサスペンション: WP製倒立フォークφ48 mm
リアサスペンション: WP製リンク式モノショック
ブレーキ(F/R): ディスクブレーキφ300mm/φ240 mm




リム(F/R): 1.6×21“/ 2.50×18“




シート高: 960mm




タンク容量: 約33リットル




乾燥重量: 約140kg

brightcove.createExperiences();