レプソル·ホンダは火曜日に、テキサス・オースティンの新しいサーキットで、プライベート3日間のテストを開始しました。

MotoGPクラスの今季2回目の公式テストが、2月26日(火)から28日(木)までの3日間、マレーシアのセパン・サーキットで行われました。 2月上旬に同地で行われた初テストから3週間のインターバルを経て、1回目のテストで得たデータをもとに、Repsol Honda Teamのダニ・ペドロサとマルク・マルケス、LCR Honda MotoGPのステファン・ブラドル、GO & FUN Honda Gresiniのアルバロ・バウティスタは、引き続き2013年型RC213Vのセットアップに集中しました。

前回のテストで3日連続のトップタイムをマークし、念願のタイトル獲得に向けて好調なスタートを切ったペドロサは、今回のテストでも好調を維持しま した。初日は滑りやすい路面コンディションのため、全体的にタイムが伸びず、ペドロサも思うようにタイムを更新することができませんでしたが、それでも、 この日のベストタイムとなる2分01秒580をマークし、前回のテストから4日連続でトップをキープしました。

初日は午後からスコールとなり、ペドロサは予定していたテストメニューを消化することができず、2日目に持ち越すことになりました。2日目は快晴に 恵まれたことで、サスペンションと電子制御のテストに集中でき、2分00秒651の2番手タイムで終了。最終日の3日目は、2分00秒562で再びトップ タイムをマークしました。ペドロサは、前回も合わせた6日間のテストで、5度のトップタイムをマークするすばらしい内容で、セパンテストを終了しました。[ … HONDA ]

最後の公式のMotoGPテストは3月23〜25日からヘレス・スペインで開催されます。