連日、青空が広がった第4戦スペインGPの決勝は、開幕以来ポールポジション(PP)を獲得し続けるマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が好スタートから快調にラップを刻み、開幕から4戦連続となるポール・トゥ・ウインを達成しました。マルケスは、オープニングラップにバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)に先行を許しますが、すぐに逆転。2周目の1コーナーでオーバーランを喫し、ロッシに再び先行されますが、すぐに逆転すると、そこからは安定したペースで後続を引き離しました。今大会でロードレース世界選手権100戦目を迎えたマルケス。その記念すべき大会で、自身初となるスペインGPを制覇し、喜びを爆発させました。

【レースレポート】
◆[HONDA]マルケスが4戦連続ポール・トゥ・ウイン ペドロサも4戦連続で表彰台登壇