オープニングラップは、ステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP)、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、アレックス・エスパルガロ(ART)に続いて4番手でしたが、3周目にエスパルガロをかわして3番手、5周目にロッシをパスして2番手、6周目にはブラドルを抜いてトップに浮上。それからは、後続との距離をじりじりと広げ、後半は後続との差を守りながら、危なげない走りで優勝しました。
この優勝でマルケスはランキングもトップに浮上、ペドロサはフリー走行で転倒した影響により欠場となりました。

[HONDA]MotoGP Rd.8 決勝 マルケスが今季2勝目を挙げ、ランキングトップに浮上