不安定な天候が続いたオランダGPですが、29日(土)に開催された決勝レースは、次第に青空が広がるコンディションの中で行われ、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)が2位でフィニッシュ。カタルニアGPから2戦連続、今季6度目の表彰台に立ちました。

予選2番手から決勝レースに挑んだマルケスは、好スタートからオープニングラップ2番手につけました。トップを走るのはチームメートで5番グリッドから絶好のスタートを切ったダニ・ペドロサで、4周目までRepsol Honda Teamの2人のランデブー走行となりました。昨年の大会に続き、Repsol Honda Teamの1-2フィニッシュが期待されましたが、マルケスは5周目にバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)にかわされて3番手へ。その後、ペドロサもロッシにかわされ2番手へと順位を落とします。18周目にペドロサをパスしたマルケスは、トップを走るロッシとの差を縮めますが、逆転するには至らず、2位でフィニッシュしました。

[HONDA]MotoGP Rd.7 マルケスが2位で今季6度目の表彰台獲得。ペドロサは4位で総合首位をキープ