第6戦カタルニアGPの決勝は、最高気温が31℃まで上昇、路面温度も52℃まで上がり、レースウイークを通じて、最も厳しいコンディションとなりました。そのため、タイヤにもライダーにも厳しいレースとなり、24台の出場に対して完走は16台でした。今大会は、序盤から転倒車が続き、予選4番手のアルバロ・バウティスタ(GO & FUN Honda Gresini)、2番手のカル・クラッチロー(ヤマハ)、5番手のニッキー・ヘイデン(ドゥカティ)などが転倒リタイアとなりました。

こうした厳しいレースの中で、2戦連続ポールポジション(PP)を獲得したダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が2位でフィニッシュ。予選6番手から好スタートを切ったマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が3位でチェッカーを受けました。

[HONDA]MotoGP Rd.6 ペドロサが2位で5戦連続の表彰台獲得。マルケスは追い上げのレースで3位フィニッシュ