ヤマハ・ファクトリー・レーシングのJ・ロレンソが3位を獲得、アメリカのコースで5度目の表彰台に上った。ロレンソはグリッド2列目から絶好のスタート。M・マルケス、D・ペドロサを抑えてホールショットを奪い、真っ先に第1コーナーに進入。すぐさまコンマ5秒までアドバンテージを広げ、トップをキープして周回を重ねていった。残り15ラップでマルケスに先行されたあとも離されることなくついて行ったロレンソだが、終盤になると疲れもあり徐々に後退。そして最後の3ラップではペドロサに抜かれて3位となった。

依然、怪我の治療が続いているなかでの大健闘により、シリーズポイントは合計153ポイントとなりペドロサとの差はわずか15ポイント。完全復帰の兆しとともに、次回からはまたヨーロッパ・ラウンドへと戻る。

【関連ニュース】
[YAMAHA]MotoGP Rd.10 ロレンソが3位表彰台!