ケーシー・ストーナー氏をテストライダーに迎えた、MotoGPワークスマシン「RC213V」の開発テストの2日目が、8月7日(水)に栃木県のツインリンクもてぎにて実施されました。
テスト2日目は晴天に恵まれ、ストーナー氏は昨日に続き、現役時代をほうふつとさせる深いバンク角と高いアベレージスピードでコースを走行しました。2日間で合計53周を走行し、同氏による1度目のサーキットテストは終了しました。

◆ケーシー・ストーナー氏のコメント
「今日は昨日と違い晴天に恵まれ、とても暑く、おかげさまで、ドライ路面でテストする時間が十分に確保できました。テストは順調に進められ、昨日の遅れは、ほぼリカバーすることができたのではないかと思います。今回は開発メンバーの一部の方としかお会いしていませんが、Hondaがこれまで同様に、私をサポートしてくれたことに感謝いたします。今回9カ月ぶりにマシンに乗り、テストに参加することができて本当によかったのですが、ワイルドカード参戦に関しては、私の望んでいることではなく、気持ちに変化はありません」
【MotoGP】HONDAケーシー・ストーナー氏によるMotoGPマシン テストレポート 2日目

130808_honda003 130808_honda006

130808_honda007 130808_honda04

130808_honda008 130808_honda008_3

130808_honda008_4 130808_honda008_5

130808_honda008_6 130808_honda08_2

130808_honda009 130808_honda010