CB750Four(K1)

CB750Four(K1)

CB750

CB改さん

受賞者からのコメント
CB改です。今回は私のCBが栄えある第1回グランプリと言う事で、投票して下さった皆さん、そしてカスタム冥利に尽きるコメントを下さったスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。普段はバイクに没頭しているのを呆れ顔で見ている家族も「バカもここまで来れば本物」と一緒に喜んでくれています。このバイクとの出会いは知り合いの納屋でした。既に25年余り放置され原形は留めてはいたものの相当手を掛けなければ走れそうに有りませんでした。1年掛かりで車検を取れるまでに整備・カスタムして、既に3年程経ちますが、出先でコイルのパンクやIGスイッチの断線などなど未だに飽きる事無く私を楽しませてくれています。一般的な世間のお父さんですので、お小遣いの範囲と言う制約の中必然的に自己流整備と純正に拘らないカスタムへの道を進んで来ました。コンセプトは安く安全にカッコ良く!でもCBの雰囲気は崩さないです。これからもこの相棒を共に、家族には心配や迷惑を掛けないように、細く長く、そして楽しくバイクライフを過ごせたらと思います。今回は本当にありがとうございました!

和カブ

和カブ

CUB [カブ]C100

ハタボーさん

受賞者からのコメント
この度は準グランプリと言う誠に光栄な賞に選んでいただき大変恐縮であると共にオーナー冥利に尽きる喜びを感じております。このC100は欠品だらけの錆びた車両を5000円で購入。最初はオリジナルのままレストアをしようと始めたのですが、思いのほか当時物の部品の入手が困難で手が付けれずに時間だけが過ぎていました。そこでオリジナルは諦めて自分だけのC100を目指そうと数々のカスタムジャンルを模索しましたが「どうせやるなら誰もやってない物を」と考えあえて定番カスタムを外したテーマ『日本家屋』にしました。一番の苦労点は車体の木目塗装。失敗を重ねながらも納得いく模様になるまで何度も塗り直しをしました。マフラーやカバー類に使った『竹』も天然素材なだけにキチンと合う物を探して加工しても時間経過と共に劣化しては作り直しの繰り返しです。シートは自家製の畳張り。リヤは当初はシートと同じく畳張りピニオンだったのですが利便性向上を図る目的でBOXにしました。(タンデムする事はないので)選ぶBOXは適度なサイズと強度に重点を置いて探しているとたまたま見つけた柳ごおりが江戸末期の物と判明。

peke

peke

ESTRELLA [エストレア]

未公開ユーザさん

受賞者からのコメント
この度は準グランプリに選んでいただきありがとうございます。本当に軽い気持ちで投稿したのでびっくりしています。7年前、ある事をきっかけに10年ぶりにバイクを買おうと思いたってバイク雑誌を読んでいたところ、ボバーな改造トライアンフを見てこんなバイクに乗りたいと思いました。が、とても本物を購入するような予算はありませんでした。限られたわずかな予算内での車両探しで最初から車検がなく維持費の安い250ccでと決めていたのでカスタムベースになるべくシンプルな車両を探していたら中古のカワサキエストレヤを見つけました。実車を見せてもらったら250にしては立派そうな存在感のあるエンジンが気に入りました(見た目だけです。走ってみたら……)。そしてフレームはオーソドックスなフレーム構成になっており色々な汎用パーツが取り付けやすそうな感じだったので購入しました。昔、ヤマハSR400を色々イジっていてカスタムするのは初めてではありませんでした(SRのオイルタンクを兼ねた太いフレームには泣かされました)。ノーマルパーツを全部外しエンジンとタイヤとフレームだけにして雑誌で見たボバーSRの時とは違い車検を気にせずカスタムできるのでオークションでいろんな安価な他車種の中古パーツを探しては取り付けては外しで現在の形になりました。取り付けステー等は素人でも加工しやすいアルミ板を知り合いの鉄工所から仕入れてジグソーで切り出してやすりで削るを繰り返して自作していました。バイクはタンクとシートを変えればすごく印象が変わります。タンクも色々付けましたが現在のスポーツスタータンクがデザイン、容量的にもしっくりきていると思っていますが結局トライアンフ風よりもハーレーっぽくなってしまいました。一番苦労したのはリア16インチ化、ファイアーストーンタイヤを履いたことです。エストレヤのリアは17インチです。ノーマルより太めのタイヤを履いていたのですがなぜかイメージしているカスタムより線が細い感じでした。目指していたボバーな改造トライアンフはハイトの高いぼってりしたリアタイヤで調べたらリア16インチ化、ファイアーストーンタイヤだったのですがそれが自分が目指していた全体のシルエットの要だったのです。エストレヤ16インチリムとスポークがあることを知り、購入しました。リム交換は初めてでしたが良く下調べをしてリム、スポーク張り直しをやりました。が、素人ゆえセンター出しができませんでした。知り合いのバイク屋でセンター出しをしてもらいタイヤも履かせてもらいました。後輪を装着しようと思いましたら今度はスイングアームにタイヤが干渉していまいました。そこでスイングアームを外しサンダーで削りましたがそのままだと剛性が損なわれる可能性があるので鉄工所に持って行き補強を溶接してもらいました。私はイジるばかりではなく乗る事も大好きなので色々な所にツーリングしながらちょっとずつカスタムしてゆき7年かけてこの形になりました。今後も思いついたらちょっとづつカスタムしていくんだろうと思います。選んでいただいた皆様ありがとうございました。

METAL ZZR

METAL ZZR

ZZR1400

XZZR4さん

受賞者からのコメント
この度は、オートバイ賞頂きましたこと御礼申し上げます。たしかノミネートされていなかったと思うのですが、発表を見て驚いている次第です。今回カスタムコンテストで入賞された車両はもちろんのこと、皆さん力作揃いで感心するばかりです。今後のカスタムの参考にさせて頂きたいと思います。車とは違って機能美むき出しのオートバイをカスタムしていく楽しみ。やめられないですね!今の省エネの時代にマッチするオートバイ。オートバイの楽しさをもっと沢山の人に味わってもらいたいですね。

グランドYSR

グランドYSR

G-YSR100

未公開ユーザさん

受賞者からのコメント
半ば洒落でフレームを手に入れた時から、約1年かけてなんとか走れる状態にし、さらに1年かけて細かい修正をしてきました。8割ぐらい仕上がった状態の時にモトチャンプさんの投稿ページに載せてもらいましたが、今回は完成版で再びモトチャンプ賞がもらえて嬉しいです。最近は別のバイクの弄りネタばかりですが「グランドYSR日記」というブログをやってますので、興味のある方は覘いてみてください。この度はありがとうございました。

ゴリラDOHC124改

ゴリラDOHC124改

GORILLA [ゴリラ]

死ね死ね団リーダーさん

受賞者からのコメント
4MINI歴35年あこがれの4MINIちゃんぷさんに(1~18全部持ってます)選んでいただきすげーぇ嬉しいです。かんむりょうです。私にとってこれ以上の賞はマジないです。有難うございます。

impact-CYGMER

impact-CYGMER

ZOOMER [ズーマー]

impactさん

受賞者からのコメント
この度は栄えある賞を頂きまして本当にありがとうございます!少しずつパーツを取り付けながら2年近くかかってようやくいまの形へと進化することが出来ました。現在、2台目のカスタムを進行中ですので、是非とも第二回コンテストにも応募したいと思います!本当にありがとうございました!

R1-爺

R1-爺

R1-Z

R1-Z南無さん

受賞者からのコメント
スポーツ賞に選んでいただきありがとうございます。このR1-Zは2輪免許を取ってはじめて買ったバイクで、以来10数年の付き合いになります。その間ずいぶん方向性の違うスタイルにもなったけど、たぶん今のスタイルが最終形になるのかな?と思っています。大型免許を取得した直後は全然乗らなくなった時期もありましたが、結局自分は軽量車のほうが楽しめることに気付き、以来手放せない相棒となっています。こんなカッコでも2年くらい前は完全ストリート仕様でした。街乗りで見せびらかしてれば満足してたのですが、仲間らの影響もあってサーキットデビュー。これが思いがけずハマってしまい、現在は日光サーキットでプライド2という2ストレプリカによるレースに出たりして楽しんでいます。すでに絶版旧車の仲間入りの2ストバイクですが、いつまでも元気に走らせてあげたいですね。

W650

W650

W650

おスギちゃんさん

受賞者からのコメント
自分の自慢できるカスタムされた愛車が掲載される今回の第一回カスタムコンテストにて、今回ストリート賞を受賞いただき大変光栄に思います。 投票してくださった方々ありがとうございます! 好きなジャンルがクラシックバイク、特にイギリスのバイクメーカーであったBSAと、かつてのトライアンフが好きでした。 BSAとトライアンフの合作・・・これが最初に考えたものでした。タンクはBSA風のタンクで、前後フェンダーはトライアンフタイプ、マフラーもブリテッシュテイストあるマフラー、ヘッドライトはかつて主流だったルーカスタイプを・・・などなど。 理想の形を下手ながらスケッチし、目標としました。 そしてカワサキのW650をベースに理想のカスタムを施し、理想を具現化する事が出来ました。 コンテストに登録しようと思ったきっかけですが、「せっかく自分の愛車が完成したのだから、記念に残るものをやってみたいな」と思っていたところ、Webikeさんで今回の第一回カスタムコンテストが開かれることを知りました。 登録してしばらく経って見てみるとノミネート候補車両に!そして、ストリート賞の方、受賞いたしました! 自分の愛車がこうやって認められるということは大変嬉しいことです!またより一層、W650を大切にしていきたいという気持ちも高まりました。 大事にこれからも共に歩み続ける相棒として、縦横無尽に各地を駆け巡りたいと思います!

ろっち赤スペンサーCB-F

ろっち赤スペンサーCB-F

CB1100F

ろっちさん

受賞者からのコメント
第1回カスタムコンテストのネイキッド賞を頂き光栄です!えっ?まさか?なんて実際、思いました。皆さん、レベルが高くてwww(笑)CB1100Fは2年前に大型免許を取得して初めて買ったバイクなんです。どうして、CB-Fだったかと言うと・・・バリバリ伝説ですね。ただ、手元に来たときは「まんま旧車」でした。色んな雑誌を見てもカスタムが同じで・・・。じゃあ、自分だけのオリジナルCB-Fを造るか!ってことでした。結局、全部やりかえました(笑)あるバイク屋の方から「普通の人が10年かかってイジるのを1年でやったんですね!」なんて言われましたし・・・。取敢えず、1段落した感じです。票を入れてくれた皆さん、ありがとうございます!!

APE 100 [エイプ]

APE 100 [エイプ]

APE 100 [エイプ]

884nさん

受賞者からのコメント
自分のエイプを選んでくださった方々に感謝です。記念すべき第1回の4mini賞と言う事で非情に嬉しいですね~。実は他人のブログでこのコンテストの存在を知ったんで本当は何も知らずに応募もしないままで終わってたはずなんですよ~知った時には締め切りも近く有りもの画像の中で自分が一番カッコいいと思うアングルの画像3枚をアップ(ノミネート発表後に何枚かアップしましたが)して「まぁ、選ばれたらラッキーかなぁ~」と思ってたらノミネート→受賞と本当にラッキーでした。このエイプ、確か2004年に通勤用に新車で購入してドノーマルのままで洗車もメンテもせず乗ってたんですがある日一つの部品に手を入れてしまい…それから「あれもこれも」と言う具合にカスタムと言う底なし沼にハマってしまい気が付けば抜けなくなっていました…おまけにエイプで1度大きい事故をして8ヶ月位リハビリの為に自宅療養していたんですがその期間フォトショプでデザインをシュミレートして今のカラーリングに全塗装したんです。事故から約1年後に今度はエンジン壊してしまい仕方なしにボアアップ、エンジン全バラのついでにヘッドカバーからクランクケースまで手作業でバフ掛けしました。流石にエンジンのバフ掛けはやり出して「止めといたらよかった…」と思いましたよ。とくに空冷のフィンの間は気が狂いそうになりました。こんな感じでどんどんカスタムの深みにハマって行ったんです。よく「金かかってますね」と言われますが買うより自作した方が安上がりな部品は今でも基本的に金ノコ、インパクトドリル、ヤスリの三種の神器?で作ったり塗装も缶スプレー、バフ掛けも手作業と大体の事は自分でやってるので見た目程カスタム費用はかかってないんです! 自作やカスタムしてもカッコよくなかったり綺麗でないものは作り直すことも多いので時間と手間は結構かかってます。他に4miniカスタムしてる方は高価なパーツてんこ盛りでうらやましいですね~自分はあまりお金掛けられないので部品の配置やデザインを工夫して自分の出来る限りのカッコよく美しいバイクに仕上げたつもりです!今後は嫁のエイプを中心にカスタムする予定なので自分のエイプはボチボチやって行きます。

くじら

くじら

M1800R

MASTERさん

受賞者からのコメント
まさか自分のバイクが選んでもらえるとは思っていませんでした。自分は重い病気でなかなか思うようにバイクに乗れることが少ないのですが、このバイクは辛いときも楽しいときも沢山の仲間と共に心の支えになってくれたバイクです。ただ、なかなか体に負担のかかるバイクですのでいつまでこのくじらに乗り続けられるかはわかりませんが、その時が来るまで共に進んでいいこうと思っています。今回投票してくださいました皆さん、関係者の皆さん、本当にありがとうございました。また面白いバイク作りますね。

ズーマー改(買い物専用車)

ズーマー改(買い物専用車)

ZOOMER [ズーマー]

Kuru2racingさん

受賞者からのコメント
こんな仕様で、大丈夫か?皆様、投票頂きありがとうございます。コツコツとカスタムをして現在の仕様になりましたがここまでに仕上げるのにかれこれ4年ほどかかったと思います。いつの間にか既製品には惹かれなくなりワンオフと言う魅力に…ですかね?自転車パーツや社外品を多用し加工・流用にてよりオリジナルを求めた形です。製作にお世話になった東京パーツ・フレークスに感謝です☆

フルカーボンバード

フルカーボンバード

CBR1100XX SUPERBLACKBIRD [スーパーブラックバード]

EIJIさん

受賞者からのコメント
自分の中でこのバイクのカスタムの集大成ということで応募しました。外装はカーボンにこだわりましたがあまり目立たなかったのが反省点です。同じバイクに乗っている友人、何人かに試乗してもらいました。感想は全く違うバイクに乗っている感覚だったそうです。外装以外はほとんど実用性重視のカスタムだと思っています。その点においてはとても乗り易いバイクになったことで満足しています。カスタムというのは自己満足の世界であり自分を表現する手段だと思います。ノーマルで乗ることも勿論いいと思いますが自分らしさをアピールするにはカスタムは欠かせないものではないでしょうか?今後のカスタムですがあとはエンジン内部に手を入れるか、ターボ化するしかないかと思っていますが乗り辛くなると意味がないので慎重に考えたいと思います。この度は本当に有難うございました。

ロッドテイストカブ

ロッドテイストカブ

CUB [カブ]C100

はやしカスタムさん

受賞者からのコメント
非常に愛着のあるマシンなので選んで頂いてとても光栄です^^自分のカスタムの信条というのが“他の人がやってないことをする”というところで、カブのカスタムにおいてもまずは人がまだやったことのない所を探しました。で、思いついたのがホイール。12インチをはかせる人は雑誌なのでちょくちょく見ましたけど、10インチをはかせてる人は見つけることができませんでした。なので思いっきり目立つようにR&Pの前後足を無理矢理付けることにしました。ステムやらスイングアームやらフレームやら溶接溶接溶接と色々大変でしたが、最初の思惑通りナローな車体に対してファットなタイヤというギャップがおもしろい出来上がりになりました♪あと配線を見せないようにするためにハンドルとフレームの中に通す作業が地味に大変でした。このハンドルにウインカー、ホーンの5本の線を通すだけで2時間半かかりました。カブはキャブを変えるとガソリンコックをどこかに付けないといけなくなるんですが、自分のは見えないようにサイドカバーの中に隠しました。これもポイントの一つです。これからも大事な相棒と楽しいバイクライフを送りたいと思います。

NZR-M1

NZR-M1

NSR125

kunikuniさん

受賞者からのコメント
第1回カスタムコンテストに応募させて頂き、自分のバイクがウエビック賞に選ばれめちゃくちゃ嬉しかったです。学生時代高くて変えなかったNSR50をガレージセールで見つけ購入、TZR125のエンジンをワンオフハンガーを作成しチャンバーなども加工してこつこつとカスタムして仕上げました。本当にいい記念になりました。ありがとうございました!

CB750 RC42-nanja

CB750 RC42-nanja

CB750

takuyaさん

受賞者からのコメント
今回の受賞大変嬉しく思います。2006年に購入以来コツコツと中古パーツを買い集めてきましたGPZ900Rのカウルをはじめ、その部品の多くが各社の純正パーツメーカーを枠を超えたオリジナルの車両にまで昇華させましたカウルのロゴにも注目・・・Ninjaをもじって『Nanja』になってます(笑まさに何じゃこりゃ?な車両になりました見た目からわかるようにメインはロングツーリング仕様この5年の間に約7万km、日本の各地をコイツとともに駆け抜けてきました今年はついにエンジンも腰上OHし再び調子を取り戻しましたまだ見ぬ土地にコイツとともにこれからも旅を続けて行きたいと思います